電話番号:089-951-6110

視能訓練士、募集!

〒791-8065 愛媛県松山市三杉町1-1

診療時間はこちら

愛媛県 松山市 緑内障検診 日帰り白内障手術

日帰り白内障手術

コンタクトレンズ 詳しくはこちら

メディア情報 詳しくはこちら

情報室 詳しくはこちら

QRコード

かわさき眼科
モバイルサイトQRコード

HOME»  日帰り白内障手術

白内障とは

白内障とは、目の「水晶体」と呼ばれるレンズが濁る病気です。

白内障は「老化現象」の1つで、多くは50才を過ぎると始まり、視力に影響し始めるのは、60才で50%程度、70才で80%程度、80才以上ではほとんどの人がかかる病気です。

白内障の症状

目がかすんだり、まぶしく見えるというのが最も多い症状で、徐々に視力が低下していきます。

白内障の原因

ほとんどは老化によるものです。しかし、アトピー性皮膚炎、糖尿病、外傷、薬の副作用、その他の目の病気などがある場合、壮年でも発症することがあります。

白内障の治療

現在ある白内障の目薬は、進行を遅らせることに少し役立つ程度で、進行を止めるものではなく、もちろん一度進んでしまった白内障を治す効果はありません。したがって白内障を治すには、手術治療しかありません。

白内障手術について

白内障手術について 現在行っている手術方法は、超音波白内障手術装置を使用して、小さな創口から白内障を超音波で乳化吸引し、眼内レンズを挿入する方法です。

局所麻酔で行い、約15分で終わります。

白内障は、ゆっくりと進行するもので、一般的には白内障の診断を受けたからと言って、すぐに手術を受けなければならないというわけではありません。ただし、あまり進行してしまうと、短時間で済む日帰りが可能な手術ができなくなる場合があります。

また、白内障が進行すると水晶体の厚みが増し、その結果、急性緑内障発作を起こす危険性が高くなる可能性があります。
私もそうですが、どんな手術でも受けるのは、怖いと思います。
しかし、見づらくなって階段を踏み外し転倒したり、事故にあったりでは、もっと大変なことになりかねません。むやみに手術を先延ばしたりせずに、適切な時期に手術を受けることをお勧め致します。

 
Page Top