電話番号:089-951-6110

視能訓練士、募集!

〒791-8065 愛媛県松山市三杉町1-1

診療時間はこちら

愛媛県 松山市 緑内障検診 日帰り白内障手術

設備紹介

コンタクトレンズ 詳しくはこちら

メディア情報 詳しくはこちら

情報室 詳しくはこちら

QRコード

かわさき眼科
モバイルサイトQRコード

HOME»  設備紹介

診療設備

屈折検査装置(右)、非接触型眼圧計(左)

屈折検査装置は、眼の近視・遠視・乱視といった、眼の屈折状況を検査する装置です。

眼圧計は、眼の表面に風を当てて眼圧を検査する装置です。

角膜形状解析装置

乱視の程度など角膜の形状を測定し、パソコン上で解析する装置です。

主にコンタクトレンズの装用前や、白内障の手術前に使用します。

角膜内皮観察解析装置

角膜内皮の細胞数は、加齢に伴い減少していくため、この装置で内皮の数を測定・解析します。

コンタクトレンズ装用者の検診や、白内障手術やレーザー手術の前後に使用します。

ハンフリー自動視野計

コンピューター制御によって、自動的に視野(眼の見える範囲)を測定します。

緑内障など視野異常をきたす疾患の検査に使います。

ゴールドマン視野計

コンピューターによる自動ではなく、視機能訓練士による人が行う検査です。

患者様の視力や年齢にあわせて視標を表示し、眼の見える範囲を調べます。

大型弱視鏡

両眼で正しく物を見ることができているか、詳しく検査する装置です。

斜視の検査や訓練に使用します。

光学的眼軸長測定装置

光により、目の長さを測定する装置で、主に白内障手術における眼内レンズの度数を決めるために使用します。

超音波眼軸長測定装置(Aモード)

超音波により、目の長さを測定する装置で、主に白内障手術における眼内レンズの度数を決めるために使用します。

超音波画像診断装置(Bモード)

超音波検査装置(エコー検査)は、人体に超音波を発射して、跳ね返った音を画像として表示する装置です。

主に出血や進行した白内障により眼底検査ができない場合に、眼底の観察を行います。

網膜剥離の検査などに使用します。

OCT:光干渉断層計(3次元画像解析装置)

緑内障の早期診断や加齢黄斑変性症などの黄斑疾患、糖尿病網膜症などの検査に使用します。

網膜の構造や視神経線維層、さらには角膜の厚みをμm単位で調べることができます。

瞳孔を開かなくても撮影・解析が可能です。

YAGレーザー装置

白内障の術後に発生する後発白内障や、選択的レーザー線維柱帯形成術・レーザー虹彩切開術など緑内障のレーザー治療の際などに使用します。

レーザー光凝固装置

網膜剥離、糖尿病網膜症、眼底出血、緑内障などの治療に使用します。

網膜電位図測定装置

暗室で網膜を光刺激して、その反応を記録する装置です。

網膜の機能が正常に働いているかを検査します。

Page Top