電話番号:089-951-6110

視能訓練士、募集!

〒791-8065 愛媛県松山市三杉町1-1

診療時間はこちら

愛媛県 松山市 緑内障検診 日帰り白内障手術

こどもの眼の病気

コンタクトレンズ 詳しくはこちら

メディア情報 詳しくはこちら

情報室 詳しくはこちら

QRコード

かわさき眼科
モバイルサイトQRコード

HOME»  こどもの眼の病気

こどもの眼の病気に関するメディア情報

近視

外からの光が目の中心(網膜黄斑部)で像を結ばず、網膜より前で焦点を結ぶ状態が近視です。近くの物は見えますが、遠くのものが見づらくなります。

授業で黒板の文字が見づらくなってきたり、日常生活に支障があるようなら、我慢せずにメガネをかけるように勧めています。
適切な眼鏡装用のために、眼科で検診して、眼鏡を合わせることをお勧めします。

弱視

こどもの視力は最初から1.0以上出ているわけではありません。生まれてから徐々に視力が発達し、3歳で1.0前後に成長します。視神経の感受性期は、およそ6才までと言われ、この視力が発達する期間に、目の病気や屈折異常(遠視・強度近視・乱視・不同視)、ケガなどがあると、視力が十分に出なくなる場合があります。これを弱視といいます。

弱視は、保護者の方が見つけることはとても難しいです。そのため、3歳から6歳くらいまでに視力検査を受けることが大切です。もし、上に挙げたような屈折異常があって、弱視になっている場合は、適切な検査により弱視予防用のメガネを作製し、訓練をします。

弱視の治療は、視力が発達する期間を過ぎてからでは、治らないことがあります。
早期発見、早期訓練・治療が最も重要になります。

斜視

通常、物を見るときは見ようとする方向に両目とも眼球が動いています。しかし、片眼は見ようとする方向を見ているが、もう片方の眼がその方向に動いていない場合があります。
これを斜視といいます。

斜視の原因には、眼の筋肉や神経などの異常のほか、屈折異常(遠視・強度近視・乱視)によるものがあり、内斜視や外斜視などがあります。

病状には個人差があり、治療方法も異なります。
気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい。

ものもらい・めいぼ

ものもらいとは、まぶたに細菌が感染することで炎症を起こし、まぶたが腫れる病気です。
炎症によるかゆみや痛みを伴います。麦粒腫や霰粒腫といいます。

治療には、初期には抗生物質や抗炎症作用の目薬や内服薬を用います。
まぶたのはれと痛みが強い場合は、その部分を切開して膿を出します。

Page Top