電話番号:089-951-6110

視能訓練士 追加募集!4名在籍中です!

〒791-8065 愛媛県松山市三杉町1-1

診療時間はこちら

愛媛県 松山市 緑内障検診 日帰り白内障手術

糖尿病網膜症

コンタクトレンズ 詳しくはこちら

メディア情報 詳しくはこちら

情報室 詳しくはこちら

QRコード

かわさき眼科
モバイルサイトQRコード

HOME»  糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病の合併症として、網膜(眼底)の血流が悪くなり、眼底出血や浮腫などが起こり、網膜に障害が及んで視力が低下します。進行すると硝子体出血や網膜剥離になり、失明を起こすことがあります。これが糖尿病網膜症です。

しかし、糖尿病、糖尿病網膜症はともに初期には自覚症状が出にくい病気です。
多少の眼底出血があっても、視力が低下していないことが多いです。
そのため、定期的に検査を受けるようにしましょう。
このとき瞳孔を開く散瞳剤を使いますので、半日ほど、まぶしく、ピントが合わず、見づらくなります。
検査のときは自分で車の運転をすることは控えて下さい。

糖尿病網膜症の治療

食事療法や運動療法といった、糖尿病の治療が基本になります。
出血や網膜剥離が起こった場合、レーザー治療や硝子体手術を行います。

Page Top